僕の今現在の、重要なピッチング理論のベースのひとつであります。
きのうのダブルプレーン・シングルプレーン云々の話も、結局はこちらに帰結する。
90年代後半、それまで極論何十年も変わらなかった「野球入門」の域を出ない日本のフォーム、動作指導の現場に、大きすぎる一石を投じた革新的理論と考えます。


【【クオメソッド・骨盤力】手塚一志さんの理論と僕【ジャイロボール】】の続きを読む