勿論、過去の記録洗い直しも大事だが、取り敢えず自分の現在地は確認できた。
121キロとは言え、23メートルをレーザービームでズバーンと撃ち抜くようなスッキリさっぱり伝わるもので無かったことも事実。
瞬間出力の絶対値(回転数等もだが)を上げに上げることが必要なのは変わりない。

【【新型ローイングも交え】新たな球速記録爆上げに向けて!!】の続きを読む