【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速121キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    タグ:#球速200キロプロジェクト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    おとといあたりから、サークルスクラッチからのシャドウピッチングの流れで改めて感じた事。
    スクラッチモーション(かわし動作)からの肩腕の外旋内旋(最終的にはスパイラルリリース)の動きは滑らかに。と言うよりコンマ数秒以下の一瞬の流れで通過してしまう。
    ずっとわかり切っていたことではあるのだが、これを体感、体現することは相当に難しい。
    例のシャドウピッチングでそれを再現すると、 今まで感じたことのない慣性か遠心力か、そう言う力で身体が引っ張られるのを感じた。 【【野球・球速アップ】「フォーム学習」の罠。型でなく動作を。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昼前に、上手く心理的エンジンがかかったタイミングで、まさにさくさくと40Kgスクワットを行う。
    きのうのローイングと同じく、動的脱力してスピーディーに、最大30レップにとどめ数セットを行う感じ。
    これならば、毎日でも取り組める。勿論ローイングの方も。 【【こちらからも見直しを】初動負荷寄りバーベルスクワット。純スピード特化。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は最大40Kgスクワットを43レップス。
    まぁ、初動負荷トレーニング寄りの、「股関節スクワット」と言ったが正しいかもしれないが。
    きちんと裏側の筋肉全体の自然長は伸びてる…と思いたい。

      【キックトレーニング。この切り口からでも進化を【シングルプレーンで腕を上げる為に】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    これだけ見ると、いつもの計算サイトで算出すると94キロ…

    しかし…  【【球速測定動画公開】一見、球速低迷。しかし…【23.2メートルの平均速度】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まあ、負荷45Kgと言っても、初動負荷形態に寄せてやる限りは本日も、最大36レップスやれてしまうわけですが。
    球速測定用の動画撮影時から、なんか右ふくらはぎが痛い。
    たまに、例の荷重シャドウピッチングをするとそうなるが、まあ、意識せず軸脚が蹴られている。
    その証左ではあるのですが。
      【【軸脚の内旋不足?】本日はバーベルスクワットを行いながら【地面をえぐる?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    まぁ、今のところ、筋肉痛や取り立てての関節の痛みも気にならないレベル。
    なんにせよ、先月よりは明らかに良い感じ、球筋であった。  【【野球・球速アップ】現在のところの、投球フォーム、トレーニングの課題方針】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    【【動画あり】男44歳 本日球速測定!!(数字は!?)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    繰り返しになるが、やはり今の軽量バーベルバージョンに切り替えてからアクセルユニットの筋肉群の充実度が違ってきた。
    あとはそれを活かし切る動作トレーニングを徹底するのみ。  【【野球・球速アップ】幹となるのは(擬似)初動負荷スクワット!?その後…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    いつものメニューを少し抑え気味にした後、特種シャドウピッチング。
    まだ末端の重みが引っかからない訳ではないが、全身の回転に巻きつくような感じで腕自体は自然と振れる。
      【【球速測定間近?】特殊シャドウピッチング!!【球速アップはどこまで!?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    こないだのインバートWに関する記事にも一部通じるものがあるが。


    https://fastball2100.blog.jp/archives/11181759.html

    豪速球投手のフォームには、すべからくこういうフェイズがある

    BE4D373A-45D9-4B4B-8648-C21C22F6BB75

     8495918E-83EB-4A25-8F6E-7DEB24ACDCDE
    【【投球フォーム】肩を入れる。腕をしならせる、と言うこと。【球速アップの為に】】の続きを読む

    このページのトップヘ