単純に物理的アプローチを考えれば、以下の計算サイトで、
「運動エネルギー」の面で計算すると、240J前後
(ここではメジャーの150g弱の硬球を使う想定です。)




 https://calculator.jp/science/kinetic-energy/







 
それだけあれば、球速200キロに必要なパワーは
「片腕あたり15Kgの負荷を、時速15キロのスピードで動かす(ベンチプレスなりローイングなり、上肢の動きだけで)」することができれば良いという考え方になる。

だが、悲しいかな高校時代数学偏差値30台の文系人間のガバガバ計算である。  【【野球・球速アップ】では、現実に球速200キロを投げるには!?【トレーニング・動作作り】】の続きを読む