ただ、申し訳ないがボロボロの身体とは言え球速118キロ、という現状には愕然としてしまった。
同学年の藤川球児投手が昨年、150キロに迫る快速球を維持したまま颯爽とマウンドから去っていったのとはあまりに対照的である。
素人が申し訳ないが、独学の知識を元に少しだけ検証させて頂きたい。

高校時代から6年前までの変遷

  【松坂大輔投手引退試合 お疲れ様でした。しかし何故こうなった?】の続きを読む