おとといあたりから、サークルスクラッチからのシャドウピッチングの流れで改めて感じた事。
スクラッチモーション(かわし動作)からの肩腕の外旋内旋(最終的にはスパイラルリリース)の動きは滑らかに。と言うよりコンマ数秒以下の一瞬の流れで通過してしまう。
ずっとわかり切っていたことではあるのだが、これを体感、体現することは相当に難しい。
例のシャドウピッチングでそれを再現すると、 今まで感じたことのない慣性か遠心力か、そう言う力で身体が引っ張られるのを感じた。 【【野球・球速アップ】「フォーム学習」の罠。型でなく動作を。】の続きを読む