【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速162キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    タグ:#ウエイトトレーニング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    やはり、初動負荷トレーニング基本2種の力は大きい。
    明日天候が良ければ、また高負荷シャドウピッチング出来そうな勢いである。
    まぁ慎重にあらためて様子見ですが。
    例えば元中日の山本昌投手が、膝を痛めて走れず、ひたすらヒップジョイントマシンをやり込んでいたら次の試合完封してしまった。(うろ覚えですが)などと言う話には枚挙にいとまがない。
    完全に痛めて通常の医学上動けない筈のものを短期間にベストパフォーマンスに持って行けてしまう。
    イチロー選手も一々言わないだけでそう言ったことはメジャーに於いて何度もあったとしてもおかしくないと思う。

    更にもう少し進んで、才能差、年齢の限界を遥かに超えた出力向上、進化が得られる可能性は充分にある! 
    寝付くまで随時基本トレをやっていきます。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前にも言ったが、けしてオーソドックスなウエイトトレーニングにより(自分の専門競技に活かす前提で行うのは当然として。)得られる筋力増強→パフォーマンスアップの効果を侮ってはいけない。
    MLBにだけ限って言っても、天下を取ってるのは皆明らかに尋常な鍛えられ方でない怪物揃いである。 
    D99B8835-168F-4D56-BD25-B714404DE470
      【【野球・球速アップ】ウェイトトレーニング、筋力増強について。一方初動負荷トレーニングは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    大体、特に日本野球界は、その少し前はアメリカMLBでも、ウエイトトレーニング有害無益論は声高に叫ばれて来た。
    特に80年から90年代頭までは、たまにウエイトに手を出しパフォーマンスを落とす選手がいると、それ見たことか!とメディアは球界OBらの威を借りて責め立てる。
    (一時期桑田真澄投手も失敗したことが有る) 【ウエイトトレーニングと野球の球速、その他】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は日中体調冴えず、夕方近くなってから…

    特殊シャドウピッチング(後述)
    を40球の後、ベンチプレスとプルオーバー。
    【本日のトレーニング、おもに上半身系】の続きを読む

    このページのトップヘ