【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速121キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    カテゴリ: 初動負荷トレーニング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昼前に、上手く心理的エンジンがかかったタイミングで、まさにさくさくと40Kgスクワットを行う。
    きのうのローイングと同じく、動的脱力してスピーディーに、最大30レップにとどめ数セットを行う感じ。
    これならば、毎日でも取り組める。勿論ローイングの方も。 【【こちらからも見直しを】初動負荷寄りバーベルスクワット。純スピード特化。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「まずトレーニング動画上げてよ」と言われたわけでは無いが、読んでくださっている方にはそう思っていらっしゃる方も多いだろう。
    が、なかなかiPhone11のカメラでは、狭い空間で引きの絵を、という段階から難しい。
    まあ使える部屋(離れの小屋自体が)夢の島状態という件もある。
    外面的にやってること自体は極端に一般トレと離れているわけでは無いし、こう申しては何だが図解的なのは小山裕史さんの本や栗山彰恭さんのTwitterやnoteをご覧いただいた方が確実というのもある。 【【ベントロー等】更にトレーニング体系を再調整しつつ【本来の目的見失わずに】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昼間に珍しく友達と約束があったので、朝食後に行う。
    それも40Kgに増量して。
    これくらいならまだナチュラルなしなやかさを失わずリズミカルに出来る。
    けど、まぁ、今日のところは1セット25回にとどめておく。
    上手く心身のノリの良い日は、この時間帯もありだな。  【バーベルスクワット(擬似初動負荷)再開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    驚くほど筋肉痛も何も無い。いまが最適正重量、最適解ではないがそれに近い動きなのだろう。
    なるべく重さすらないように、バーベルも身体の一部とセルフイメージして行う。 
    ベントローのマックスは 30Kgで33レップを何度か。
    筋疲労とか追い込んだ感が出る前に止めるのがミソ。  【【シン・擬似初動負荷トレーニング?】徐々に習慣化。さらなる球速アップへ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まずはスクワット。40㎏越えではやや体幹部に随意的な力みが入ると見え、思い切って30㎏まで落とす。
    連続では、これを35レップスに今日の所は済ませておき、それを繰り返し状況観て取り組んでいくという感じ。
    2週間でこれを現在の自体重スクワットと同様に、息をするように3桁回数こなせるようにしたい。 【【ローイング・スクワット】代替初動負荷トレーニング・バーベル編【球速アップ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    体幹系へのアプローチとしてやっていることと言えば、週2.3回の荷重シャドウピッチング。
    と、あのイージーウイングストレッチをひたすら繰り返すのみ。
     それだけである。
    しかしウエストは、まぁシックスパックというのとも違うけど引き締まり、自分でもびっくりするくらい硬く、なおかつ柔軟性を保っている。
    (写真はまたの機会に、今は違う意味で目の毒なので笑)  【【球速トレ日記】体幹部が引き締まった。(腹筋トレなし)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    来週、球速測定予定日。
    まぁ、それに備えて意識して追い込み、と言う概念は僕にはない。
    あくまで自然に、特に代替初動負荷2種は気が付いたら量が増えてた、という感覚である。  【【野球投手トレ】現状の負荷・初動負荷スクワット【球速アップ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ほぼ何の副反応も無くファイザーワクチン2回目から48時間経ったので、一連の基本トレーニングに加えて例の荷重シャドウピッチングを行う。
    なんやかやで2.3日トレーニングの全体量が減っていたし、微妙かなとも思ったが…  【特殊シャドウピッチング、加速システム進化!?【野球・球速アップ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前にも言ったが、けしてオーソドックスなウエイトトレーニングにより(自分の専門競技に活かす前提で行うのは当然として。)得られる筋力増強→パフォーマンスアップの効果を侮ってはいけない。
    MLBにだけ限って言っても、天下を取ってるのは皆明らかに尋常な鍛えられ方でない怪物揃いである。 
    D99B8835-168F-4D56-BD25-B714404DE470
      【【野球・球速アップ】ウェイトトレーニング、筋力増強について。一方初動負荷トレーニングは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ここまでの球速アップでプラス面となった所と言えば
    「随意的に筋肉を力ませることなく、よく言われる体重移動や軸足の蹴りを含めて、身体全体の動きが早くなった」といった所も大きい。  【初動負荷スクワット 自体重でのスピード【野球・球速アップ】】の続きを読む

    このページのトップヘ