【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【超人追求!】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    カテゴリ: 初動負荷トレーニング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    現在僕は、隔日のシャドウピッチング7.8割と、あとは先月まで通りの一種目づつの上肢と下肢のトレーニングは毎日である。
     まだ右臀筋の奥が重痛い。スクワットは膝の角度は深いクォーター?くらいで腿裏のストレッチ感を重視、一貫した脱力と、例の自然なポンプやマリの弾力感を重視して、一度には50レップ以上はせず。 【【野球・超球速アップ】深層出力トレーニングの同系譜?初動負荷トレーニングとイチロー。【筆者も徐々に改善復活】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    来週火曜日か…。多分天候は大丈夫かと!後は万全に近い体調に整えるのに越したことはない。
    先述からの自律神経系のアレに、軽い鼻風邪気味である。
      【【野球・超球速アップ】心身調律、そして本番へ…。【初動負荷トレーニング】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    正直先述の事由で今この瞬間まで迷ってます。
    まぁもし取り急ぎ今の実力試すなら、
    月開けの、遅くとも中旬手前には球速測定をしたい。
    また色々とグラウンドの予約がめんどいのだが。。
      【【野球・超球速アップ】ワールドウィングさん入会その前に【初動負荷トレーニング】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ここ最近シャドウピッチングを最高3連投、50球オーバーくらい続けてきて、どこにも力感なく、また翌日以降に引きずるような筋肉痛もなく、指先が走るようになっている。 【自前の初動負荷トレーニングなりにも効果が!?シャドウピッチング【豊橋にワールドウィングさん進出】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    さて近所のワールドウィング豊橋店にすぐ駆け込みたいのは山々だが、まず月末の微妙な時期で入会金の違いというものがある。
    月初入会の方がお得なのでそれまで月内に一度無料体験でマシンの感覚を掴めたら。

    【【野球・球速アップ】トレーニング変更というよりステージアップ【初動負荷トレーニング】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (つい先月近所に)出来とったんかワレェ!
    と言っては失礼ですが。
    僥倖…この僥倖最大限に活かさなきゃ。  【【ワールドウィング豊橋さん】わーっははははははははははははは!!【初動負荷トレーニング】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新型ローイングは15Kgワンセット42回を最高に組み立て。
    脱力と伸長反射を徐々に活かせるようになってきたかな?  【今日は背筋群中心の組み立て 竜の背中で球速200キロ!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    バーベル40Kg、初動負荷寄りスクワット31レップ程度でワンセット。
    で軸を組み下半身寄りのメニュー。
    スピード、フォーム、リズムが自体重のそれと同じレベルに維持できる回数に留める。
    と言うか、そもそも自体重だけの方が良いのでは?と思えて来た。
      【【本日はバーベル交え】最初の羽化を目指して、トレーニング!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    基本、ここ数日根っこでは体調というか、脳と身体の疲労感が抜けない。
    ちょっと軽量とは言え、バーベル使用は控えめになってしまう。
    それ故に、自体重スクワット、ウイングストレッチ、今回の新型軽量ベントローを、動ける時に断続的に反復、となる。
    それに特種シャドウを抜き気味にやって、スクラッチ、ループ、スパイラルの動きの体得という形か。  【【気圧は荒れても】新型ベントローの威力体感。【トレメニュー統合?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昼前に、上手く心理的エンジンがかかったタイミングで、まさにさくさくと40Kgスクワットを行う。
    きのうのローイングと同じく、動的脱力してスピーディーに、最大30レップにとどめ数セットを行う感じ。
    これならば、毎日でも取り組める。勿論ローイングの方も。 【【こちらからも見直しを】初動負荷寄りバーベルスクワット。純スピード特化。】の続きを読む

    このページのトップヘ