【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速162キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    カテゴリ: 投球最速理論

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【【山本由伸投手】本日は基本2種トレーニングのみだが。【本物の150キロ級を見ると…】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    栗山彰恭さんの提唱された、携帯式滑車ローイングマシンに非常な魅力を感じつつも、自分は、
    「軽量ナチュラル、高速な動きを高回数。それでもやや、徐々に重量増に振っていく。」
    方を選び、当面はバーベルローを35から40キロを10〜15回くらいの形で繰り返すことにした。  【本日はバーベルベントローも交える!?【鬼ならぬ竜の背中を】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    こちら

     
    因みにこちらのアプリで正確な秒数を出し





    で、いぜんから使っている計算サイトで初速を割り出すやり方である。







      【【訂正!】前回球速110キロオーバーだった!別アプリで再計算。【44歳素人おっさんがマーク!】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まあ、負荷45Kgと言っても、初動負荷形態に寄せてやる限りは本日も、最大36レップスやれてしまうわけですが。
    球速測定用の動画撮影時から、なんか右ふくらはぎが痛い。
    たまに、例の荷重シャドウピッチングをするとそうなるが、まあ、意識せず軸脚が蹴られている。
    その証左ではあるのですが。
      【【軸脚の内旋不足?】本日はバーベルスクワットを行いながら【地面をえぐる?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    あの大打者榎本喜八さんは、「勝速日」と言われていたようだが。
    同じイメージにしても、大脳で映像的に都合よく思い描くのではなく、 身体で、そう身体感覚に刷り込む意識が大事と考える。 【【球速アップ】音よりも、光よりも速く投げる!!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    こないだのインバートWに関する記事にも一部通じるものがあるが。


    https://fastball2100.blog.jp/archives/11181759.html

    豪速球投手のフォームには、すべからくこういうフェイズがある

    BE4D373A-45D9-4B4B-8648-C21C22F6BB75

     8495918E-83EB-4A25-8F6E-7DEB24ACDCDE
    【【投球フォーム】肩を入れる。腕をしならせる、と言うこと。【球速アップの為に】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    単純に物理的アプローチを考えれば、以下の計算サイトで、
    「運動エネルギー」の面で計算すると、240J前後
    (ここではメジャーの150g弱の硬球を使う想定です。)




     https://calculator.jp/science/kinetic-energy/







     
    それだけあれば、球速200キロに必要なパワーは
    「片腕あたり15Kgの負荷を、時速15キロのスピードで動かす(ベンチプレスなりローイングなり、上肢の動きだけで)」することができれば良いという考え方になる。

    だが、悲しいかな高校時代数学偏差値30台の文系人間のガバガバ計算である。  【【野球・球速アップ】では、現実に球速200キロを投げるには!?【トレーニング・動作作り】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    朝方の筋肉、関節のハリも徐々に少なくなっている。
    そして今日は30㎏スクワット50レップに到達!
    「速く、長く動きたければ力を抜け」といった感じか。 【【5日目】本日のウエイトトレーニング(例によって初動負荷トレーニング系統)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    90年代初め、中学生の頃に筋肉の超回復理論をなにかの雑誌で読んでから、ずっと、「筋トレで筋肉痛になったら1から3日くらいは休養し、筋肉が回復しつつ少しずつ強くなっていくのに合わせてトレーニングするもの。」
    という考えに凝り固まっていた。

    と言うか、バルクや最大挙上重量にこだわるならば、それは決して間違いではない。
    ( つまり通常のウエイトトレーニングでは) 【【筋トレ・超回復】毎日行うという事。ピッチング動作とのつながり。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    全般に今回の球速測定結果を受けて、まず感じたのは、スピードとパワー、キレが特に全身のスピン動作の時に顕著に落ちていたことである。
    もともと、その辺の矛盾する要素をとりまとめてバージョンアップさせるための初動負荷トレーニングである。
    それがまちがっていたわけでなく、「色々足りていなかった」というのが主因の一つではとまず考えた。 【【今回の球速測定結果を受けて】トレーニング内容再調整】の続きを読む

    このページのトップヘ