まだ頂いたアドバイスの完全反映には程遠いですが。
 
力まずとも出力できる、というニュアンスの好感触は得られました。
だが、やはり下半身中心に押し込み、回す力の不足は感じる。
フォームもシャドウではより骨盤股関節をキレよく使った滑らかな加速プロセスという主観だったが、実際硬球ガチ投げとなると違ってきますね。
ただ、そもそも今年グラウンドで投げる機会があるかが微妙ですので、擬似かジムに入っての初動負荷味のあるトレーニングでパワー、スピード、神経の教育で無意識にフォームを最適化しつつ出力を上げる方向性。
一つこれに関しては思案があります
今低めでホームベース付近に叩きつけられているような投球が、加速してストライクゾーンに収まる。
それをまず目指し、計測の日程や方法は後回しに引き続きビルドしていきたいです