【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速162キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

    2021年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    62センチか…。
    1ヶ月で、2センチ強、増えた。
    1日何回という決まりを決めず、 とにかく心身が乗っている時に断続的に繰り返すという方針。
    それの繰り返しで、ここまで仕上がってきた。 
    毎日反復しても、筋肉痛という感覚はない。

      【太もも周りの仕上がり。初動負荷自体重スクワットでも!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    僕自身が今後社会的にどうするか、まぁ、これと野獣先輩ブログを皆様に持ち上げていただき、なおかつとにかく球速の数字という結果を出し、「事業計画全般」をグイグイ前に進めていけるのがベストですが…。
    いわゆる「普通の外の社会の仕事」という選択肢も考えていなくはない。転職サイト等にも登録しているし。
    ただ、現実1日数時間レベルのバイトすら、途中で倒れたり等の発作なしにできるかどうか甚だ怪しい。
    という現状では…どうしても福祉に頼りながらと言う状況になる。  【【不老不死!?】いつまでもトレーニングできる!?【野球・球速アップ 陸上100m走など】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    体幹系へのアプローチとしてやっていることと言えば、週2.3回の荷重シャドウピッチング。
    と、あのイージーウイングストレッチをひたすら繰り返すのみ。
     それだけである。
    しかしウエストは、まぁシックスパックというのとも違うけど引き締まり、自分でもびっくりするくらい硬く、なおかつ柔軟性を保っている。
    (写真はまたの機会に、今は違う意味で目の毒なので笑)  【【球速トレ日記】体幹部が引き締まった。(腹筋トレなし)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まぁ、球速100キロ強の速度帯の自分がいうのもなんですが、わかりやすく言えば、豪速球投手のテイクバックで見られがちなこの動き、形である。
     イメージとしては特に投げる側の腕…肘が高く内旋しながら上がり、両サイド合わせて逆W字になると言う例のアレである。

    421346E1-8998-427C-AB17-DEFCE5B24F98

      【【投球フォーム】インバートW、そんなにダメなの?【肘靱帯への負担】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    そう、大体ここまでよんで来た皆様にはお分かりでしょうが、僕のやろうとしていることは野球というスポーツの枠組みを遥かに超えた次元のことを、最終的には目指しております。
    当面は、40代素人おっさんには有り得ない球速などの能力。
    さらには、それを強化して180〜200の超球速でMLBを無双。
      【【球速200キロ】誇大妄想?超人追求。究極を目指して。【プロジェクト】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    来週、球速測定予定日。
    まぁ、それに備えて意識して追い込み、と言う概念は僕にはない。
    あくまで自然に、特に代替初動負荷2種は気が付いたら量が増えてた、という感覚である。  【【野球投手トレ】現状の負荷・初動負荷スクワット【球速アップ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まぁ、粘着物質のシーズン中禁止で云々ネットでも言われていたが、僕は彼は一切関知していないと仮定する。
    国際球使った2009WBCのキレキレぶりを見ても、敢えてなにか滑り止めを使う必要もないと考える。

    しかし、現実は後半戦各球種の回転数が落ち、 成績が急降下してしまったことは事実だ。 【今季のダルビッシュ有投手とウエイトトレーニング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    どうも落ちないんですよね…。
    総体重70キロ強、筋肉量55キロ後半は良いとして、なんか今月途中から急に、妙に体脂肪率と内臓脂肪が増え、それぞれ16パーセント強、平均よりやや多めと有名メーカーのヘルスメーターには出る。
    食生活は今までと変わらず、トレーニング量は自然な無理ない形で増やしているんですけどね…。
    先月までは内臓脂肪最低値、体脂肪率13パーセント台を死守していたのだが。
    あまり糖質制限を過剰にするのは流儀ではないし、筋肉量を減らすわけにもいかない。
    まあ今日の残りも(加重シャドウピッチングは見合わせたが)代替初動負荷トレーニング2種を寝るまで徹底してやるしかないか。
    単にヘルスメーターが購入後5年して古くなっている可能性はあるが。
    体感的な身体全体のキレ、出力は悪くない。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【【野球・MLB】ペドロ・マルティネスの投球フォーム【球速アップへ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    やはり、初動負荷トレーニング基本2種の力は大きい。
    明日天候が良ければ、また高負荷シャドウピッチング出来そうな勢いである。
    まぁ慎重にあらためて様子見ですが。
    例えば元中日の山本昌投手が、膝を痛めて走れず、ひたすらヒップジョイントマシンをやり込んでいたら次の試合完封してしまった。(うろ覚えですが)などと言う話には枚挙にいとまがない。
    完全に痛めて通常の医学上動けない筈のものを短期間にベストパフォーマンスに持って行けてしまう。
    イチロー選手も一々言わないだけでそう言ったことはメジャーに於いて何度もあったとしてもおかしくないと思う。

    更にもう少し進んで、才能差、年齢の限界を遥かに超えた出力向上、進化が得られる可能性は充分にある! 
    寝付くまで随時基本トレをやっていきます。 

    このページのトップヘ