もちろん江川卓さんの真似と言う訳にはいかないし、デグロムやチャップマンにも山口高志さんにもなれない。
ただ、逆に言えば彼らも僕にはなれないのだ。 
江川さん、あるいは藤川さん山口さんにしても、やや前重心になりきれてない部分がある。
いわゆる軸足などで急ブレーキや踏ん張りをかけることで慣性の法則で肩腕を走らせる
手塚一志さんが言われる二重振り子的原理をプラスの方向に利用した例だと考える。

では前重心で前向きのエネルギーを上手く行かせてる例となると、自分が見る範囲ではピッチングの時の好調大谷翔平さんだろうか。
その場で速球投手によくある一塁側(右投手)に身体が倒れ込む力も働きつつ、軸足が前にぐっと出てつんのめるようになっている。

 07E4AA18-F03D-4B3F-8E5F-EC63BB0804C5

写真では少しわかりづらいが。

 そして、外野手の助走付き遠投で少し違ってくるところもあるが、イチローさんのレーザービーム発動の瞬間である

 2EF2D812-E09A-488C-982B-1323A0841F0C


まさに究極の前重心投法。
これをマウンドからの投球にいかに活かすか?

いまは尻と腿裏に初動負荷系トレで強くしなやかな筋肉をつけていくことしかない。