やり方を見直す、と言いつつ。
やはり自体重スクワットなどは、調子に乗って3桁エリア目指すと
「より速く、深く」と言う意識が介入して、気圧によっては膝が痛むことすらある。 
やはり、初動負荷トレーニングの文脈だと、自体重ですら場合によっては負荷過剰になると言うことか。
体重自体は2ヶ月で3キロ弱は減っているので。 
本家のワールドウイングさん的には、それぞれのジムのマシンで動作感覚を修正して、その後短距離走や専門動作(ピッチングなら距離投げという名の遠投) で仕上げていく流れになるのか。
とりあえず来週の球速測定までは自前トレーニングでいくので、昨日はかなり根を詰めて、3桁球のシャドウピッチングに専念した。
8分目とはいえ感覚的には全力に近い。
コンマ数秒単位投げ急がないように、しかし身体が正面を向いた直後にリリースが爆発的に行われるように。
流石に今日はそれなりに疲れと、身体の各所の張りはあるが、明日には取れるなという程度。
本日は全般的にゆるゆるとモビリティストレッチでケア兼さらなる意識の刷り込みを行う。

思えば記録が伸びない時は天候その他でシャドウピッチングがあまりこなせなかったりする。
今回は他のメニューはともかくこちらは比較的できている。
さて、どのくらいの記録が出たか。
しかしイチローさんの対女子野球試合前の柵越え連発…
果たして通常ウエイトでこれだけのシャープさを維持できていたかどうか?

僕もまだまだ「子供」と言うことになるなw