現在は心身の波が上向いた時に、自体重スクワットやウイングストレッチを50回ワンセットくらいで細切れに繰り返している。
気をつけることは回数がかさんで筋肉に乳酸溜めたり、過緊張を招かないこと。
正攻法は本来あくまでヘビーウエイトにスピードトレや遠投。
そんなんは甘えだろと言われればそれまでかも知れないが。 

それでもあえて、やった後に気持ちの良いトレーニング。身体がむしろ要求している刺激を定期的に送ってあげる。そんな感じである。
理想は躍動感はあるが全く力みないフォームで、世界の誰も見たことのない極超速球。
戦国時代に突如として現れたライフル銃のような衝撃を与え得る球である。

多分それは現在の所謂科学的トレーニングでは到達できない境地…
単純な脱力とかパワーとかそう言ったものを超えたアプローチ。
まあ以前にも言ったがそれが本来求めていたものですからね。