2014年に最初にメンタルを患ってから、僕の体重はあっという間に50キロ台半ばから70キロに達してしまった。
まぁ当時は並行して時々ジムへ行く程度の余裕ができたから、筋肉量も並行して増してくれたので、悪い事ばかりではないにせよ…。
とにかく、その体重増故にぶら下がり懸垂ができなくなってしまった。
しかし何がしか、上肢のトレーニングの基本として広背筋、前鋸筋は刺激していきたい。
フリーウエイトのプルオーバー的なのは結局あまり効果がなかった。
そこで腕立て伏せのスタートの体勢を保持し、背面の肩甲骨の前方へのスライド動作だけを反復して行う。
これはかなり背中上部全体に効く。体幹、下半身のキープ力にも興味ある。
現在総体重70キロとして、片側だけで18から20Kgの負荷がかかることになる。
これにこれまでしている負荷付きウイングストレッチを加えれば、体幹と連動した肩甲部が作りうると考える。
さて、楽しみだ。