前回はかなり疲れた上に弱気となったが、そもそも、「パワー×スピード×テクニック」の図式に知らず知らず沿ってやってしまっていた感がある。初動負荷や身体意識と言いつつも。
これでは才能と体格に優れ、子供の頃から濃密に積み重ねている人に勝てる筈もなく。
しかも今の心身の状態でそれをやったら体力以上に気力メンタルを削られるばかりである。
そもそも、今をときめくフィジカルエリートに全く違う文脈で対抗する事に意義があるのではなかったか?
徐々にダメージが抜けて来た今日から、仕切り直しをしている。
もう一度、小山さん手塚さん高岡さんの理論を徐々に整理して、毎日体操以下の感覚で身体に刷り込めるようにしていきます。
単純な脱力とか身体感覚とかでなく、パソコンのOSを数世代前に進めうるような…。

以下の上達屋さん動画は、ノウハウ云々以上にイメージとして役に立ちました。