昨年暮れ、遅め判定だった平均速度とアプリで比較し直しても明らかに上がっている。
ここまで気温が上昇すれば、現状のコンスタントに出せる出力が初速120キロ台前半ということには間違いない。 
「だけど24m先とはいえワンバンして届いて無いじゃん」
そうです。それが皆様にインパクトを与えきれない理由の一つです。
一つには年明けを境に、初速もだが純粋なバックスピンと高回転を意識して(まだ明らかにダブルプレーンだが)アームアングルを上げたこと。
それでおそらくは初速も上がり弾道も低くなったが、その分失速して24m先の壁手前で落ちてしまう事。
バックスピンの回転数と初速が、まだボールに上向きの揚力を与えるレベルに行ってないということ。
正直スライダー回転かけちゃう時もありますし。

まぁ取り敢えず初速を証明したいならスピードガン新品を買えよ、なんですがあと資金的にもう少し💦

来月またグラウンドでやるなら、レーザービーム軌道で壁まで撃ち抜く。
色々とこの週末も考えましたが、

①現在の特種荷重サークルスクラッチをより強化徹底。
②特種荷重シャドウピッチングもさらに徹底し、課題の下半身込みで全身を動作向上の中で鍛えていく。


シンプルにこの2点に絞ることにしました。

とにかく超高速高回転のストレートを投げれば、機器測定抜きでも「見て伝わる」ファストボールを動画でお伝えできるのだ。
早速本日より本格的に再開します。