驚くほど筋肉痛も何も無い。いまが最適正重量、最適解ではないがそれに近い動きなのだろう。
なるべく重さすらないように、バーベルも身体の一部とセルフイメージして行う。 
ベントローのマックスは 30Kgで33レップを何度か。
筋疲労とか追い込んだ感が出る前に止めるのがミソ。 
スクワット30Kgは本日最大40レップ。
フリーウエイトはマシンと違い力みはどうしても出るが、それを最低限にして、あとは弛緩、伸長、短縮のリズムである。

一通り終え、全身の疲労感はそれなりにあるが、しかし筋肉や靭帯への負担はない。
栗山さんの言われる「狂気的に回数をこなす」(イチローさんも下手すると今も近い感じでしているかもしれない」領域はまだ心身の稼働可能時間的にきついので、負荷を少しだけ強めにしたと言う感じ。
明日からはできれば、例のシャドウか、全身の回旋速度を高める訓練も織り交ぜていきたい。