流石に、日本においても昨今は、「軸足側に膝がつくほど深く大きく踏み込め。」的な指導は影を潜めているように思う、でないと踏み出し脚でなにかしようにも90°以上曲がった状態で、それ以上の身体の加速にはほとんど寄与しなくなってしまう。
バカ正直に実践すればだが。 
「7足半分の大きなストライド」で話題となった全盛期藤川球児さんも、前足の膝は曲げ過ぎず、せいぜい100度強くらい。軸足もリリース時には踏み出し脚寄りに引き寄せられ、全体に腰高、骨盤が上に伸びた体勢で裏側のアクセル筋群を活かして投げることが可能となっていた。
日本の 昔式の、「より大きな体重移動の勢いと、歩幅をより広げることで球に力を乗せる」(正しいかどうかはとにかく)と、骨盤を立て気味にして全身で上から叩きつける投法のいいとこ取りをした。
と僕は理解している。
ただ、やはり藤川さんはストライドにエネルギーを使いすぎ、踏み込み足のリリース前後での伸展で、「最後のひと押し」を行うのが中途半端になる局面があったと見る。特に疲労が溜まった時期等。
それでも肩の柔軟性や、上半身でなるべく大きな出力はしない事で、 渡米までは大きな故障は回避していたのだろう。(むしろ引退前に改善した印象)

では、どうすれば正しいか、 ここはメジャー晩年にクローザーとして輝いた上原投手にご登場願おう。

 



よく見ると、フィニッシュで骨盤(重心)が踏み込み足より前へ前へと押し出されているのがわかる。
ボールの回転数に加え、球速表示があてにならないほどの速球の威力を示した、一つの要因がこのアクションであるとわかる。

一連の初動負荷理論において、「高重心、前重心」が推奨される訳である。

一方で、メジャーの100マイル投手達の中には、横回転のスピードが過ぎて、体全体が背中を向いてしまうという連中も結構いる。前脚の固定もクソもないかのように。
まあ、それはそれで、速い球を投げる、という目標特化においては正しいし、ぶっちゃけ 僕自身もそうだ。
これにも、剛球を投げることにより掛かる身体への負荷を分散させると言う意義もあるし、力をロスなくキャッチャー方向に集中させる面でも「リリース直後まで前脚がロックされてればいい。」
と言うか考えである。

「投手は9人目の野手だから投げ終わりも守備体勢に」という教えに関してはクソ食らえとまでは言わないが、まず高威力の球を投げられなければマウンドにも上がれない、打者を牛耳ることができない。
そういう考えが、僕にとっての野球だ。

まぁ、下半身の使い方についてはまだはっきりしない部分もある。
恐らくは明日できるであろう球速測定含め、実践からフィードバックしていくしかない。