僕としてはキンブレルと並び、横回転系投手の重要な参考フォームのひとつであります。
野茂、松坂両投手と違い、いわば「隠し味的」なヒップファーストをへて、あとは割と、「その場で最速でキレ良く鋭く骨盤をスピンさせる」代表のような投球動作。
松坂投手全盛期よりは肉体スペックが落ちるが、彼を遥かに上回るパフォーマンスを発揮した 、いわば総合バランスでは近年最高の投手の一人である。と思う。
加速のピークではアクセル筋であるハムストリングスが最大限に出力して、 上体が「結果として前傾している」と見た。
いわゆるキャッチャー向きに並進してきた(距離は短いが速くコンパクト)エネルギーを踏み込み脚股関節で受け止め、最速の回転に繋げている。
以前の話の続きになるが、松坂投手は渡米後、彼のスタイルを学ぶべきであったと思う。
勿論内転筋も重要であるが、「高重心でなお下半身主導で高速で全身を回す」にはアクセル筋たるハムストリングス、プラスお尻、大臀筋の筋肉が重要かと考えた。(極論前足のブレーキングで勝手に骨盤はスピンする的な。)
実際ペドロも他の日米の速球派も、やはりヒップ周りは凄いですからね。
あと、動画だが、スロー系で分析するのも良いが、そのままのスピードのモノを見て自分の身体感覚に刷り込むのも不可欠と考える。
という訳で、今日もいつも通り、やりますか!