はじめまして。

私は、44歳男性、在宅自営業、俊也と申します。文系大卒、運動部経験は無しです。

体格は173センチ70キロ体脂肪率15%です。

20年弱、飲食関連の業界につとめ、後期は店長職もしていましたが、そこでメンタルを

現在は寝たり起きたりで各事業の最低限のタスクをつつ、元気がある時には家事や、傍目には軽めに映る筋トレを少しづつ、という感じです。

小学校の頃から、病弱でリーグや部活動には入れないながらも、野球、特にピッチャーの150、160キロという超豪速球を投げる事への憧れが強く乏しい知識で健康な時に、自己流トレーニングに励み、大学に入ってもその夢は拗らせていました。とくに野茂英雄投手に憧れましたね。

だが、大学生になり色々理論学んで実践して、結局この球速というジャンルは、短距離走の速さと同じく、才能と幼少期の積み重ねが全てだという残酷な現実に打ちのめされてしまいました。

就活失敗、なんとかフリーターも経て飲食系正社員の立場を頂きました、が、まぁ業務、経理チェック等も厳しく、店長就任時後半は一人本部に呼び出され詰問されたりと、心身も長年じわじわとやつれ、うつ病となりました。

正直かなり危ないところまで進行しました。

今も恐らくそうですが外の混乱した状況の中、緊張して働くと文字通り倒れてしまう有様。それに失望して伏せってというループで

そんな中、布団の中でいくつかの野球ピッチング理論の記事をネットで見かけ、20代の頃の情熱がほんの少しずつ蘇り、病気も底を脱しました。

本当に、才能、生まれもったものが全てなのか?

そもそもその常識を覆すための志ではなかったか?もう一度戦ってみないか?

最初はトロ火のような熱が、だんだん炎となり、心身をリハビリして、普段の動画のような状態まで2年前後かけてもってこられました。

だがここから先はどうやって?

40代の何の才能も経験値もないおっさんが、ここまで力を戻してきたのは良いとして、野球という肉体エリートの集まりのスポーツで、どうやって世界最速以上の投球スピードを目指す!?

いい歳したおっさんの妄想に金は出せないよ??

確かにごもっともです。

ここで、突破口となりうるは、なったのは、

あのレジェンドイチロー氏、50歳まで現役を貫いた中日山本昌氏。陸上100m走でアジア人最初の10秒ジャストを叩き出した伊東浩二氏。

が長年取り組んできた

初動負荷トレーニングであります。

いかなるトレーニングか、は「小山裕史」先生 「ワールドウイング」共々ググってください。

商標登録等の件もありますのでこちらで細かくは語れませんが


簡潔に言えば、

よく知られた筋肉繊維を、ハードにガシガシ追い込み破壊して、休養と栄養補給で超回復させパワーアップする筋トレではなく、(これで結果を出す人も当然多数居ますが、動きを狂わせたり、加齢により故障多発で急激に衰えたりと言う例がよく見られます。)

リラックスした状態で、ポイントとなる筋肉を伸ばし、自然な神経の反射で元に戻す。

これを専用のマシン(各地のワールドウイングのジムに有ります)で比較的軽めの負荷で力みなく反復し、なるべく毎日行い、関節の可動域、筋肉の反射速度、スピード、柔軟性を磨いていくもの。

と、言うのが初動負荷トレーニングの概要です。

実際イチローさんは、自宅に専用マシンをそろえてまでそれをやり続ける事で、大きな筋肉系の怪我もなくメジャーリーグで10年連続200本安打、3000本安打の金字塔を打ち立てるなどレジェンド級の活躍を積み重ねてきました。

引退後でさえ、アラフィフで145キロのボールを投げたりと衰えを見せません。

山本昌投手も、その回転数はメジャーでもトップクラスの3000回転/分でした。

「それは超一流の話で、コレに限らずお前みたいな凡人以下の人間が今からやってどうこうなるなんて魔法のトレーニングなんてないんだよ!」

そう言うご意見も重々分かります。

ですがこのトレーニングに関しては、特に日本のスポーツ界に今なお随所ではびこっている、

「事ある事に根性論 精神論」

と言うテーゼを真っ向からひっくり返すものだと思うのです。

で実践ですが、現在は専用マシンのあるワールドウイングジムに通えない状態です。 

ですがワールドウイングさん等で紹介された、マシンがない時の代替ストレッチ兼トレーニングをたった2種類繰り返す事で、投げ方走り方も忘れた様な状態から動画のレベル程度には回復できました。

ですが、やはり更なる進化を目指すには、理想は初動負荷なら初動負荷の専用マシンを使いたいですが、当然金銭面の問題と、マシン購入は多額な上に個人の素人では難しいという現状。

先述の通り、提携ジム通いは経済的にも(名古屋都心部なので、世相的にも)難しい。

で、実は初動負荷トレーニングと類似の思想で開発されたと思しき「ホグレル」と言うマシンの提携ジムが同じ地元市内にあるのですが、自宅から距離あり、バス等のアクセスも悪い。

(すみません20年ペーパードライバーです。)

メンタル的に、往復小一時間弱、移動に心身を削るのがまだしんどいというのもあります。




ここで!

もし市内のホグレルジムに週5、6回タクシーでストレスフリーで通い、プロかプロ以上の質量、ナチュラルトレーニングに専念できたらどうなるか!?(今回の金額では3ヶ月分となります。)

前フリが長くなりましたが、これが今回のクラウドファンディングの最大目標です。

要するに何の才能もあるわけがないおっさんが、初動負荷、ホグレルに代表される「ナチュラルトレーニング」を最高に近い環境で生活ごと行い、どれだけ球速を伸ばせるか!?

と言う「壮大なる実験・皆様との夢の共有」であります

(これまでも初動負荷マシンやホグレルをホームに取り入れたスポーツチーム等はあります。が、この計画レベルで極論起きてる時間生活ごと取り組み、神経と筋肉の連携や筋肉の質を丸ごと書き換える勢いでやっている方はいないと断言できます)

これまでも前提の通り、軽いウエイトや自体重を使って、「代替ナチュラルトレーニング」をやり込んでそれなりに結果を出してきましたが、どうしても余計な力みや意識のズレが生じる。他トレよりはそれでも遥かによいが、質的なロスも多い。

「マシンをふんだんに使えてこその純粋なナチュラルトレーニング」との思いは変わりなく。

それに遠投、ダッシュ等を随時織り交ぜ、自然に肉体が投球に特化していくように。

フォームは、メジャーのトップ投手の動画のみを見て、後はこのナチュラルトレーニングで教育した神経系が勝手に最適な動きを選んでくれるのが理想

これでもって、進化の第一段階

「球速125キロから140キロ」の速度帯を目指しております。

140キロを超えれば、元プロにすらほぼ居ない、まして40代素人中年にとってはあり得ない数値として、その事実自体がブログやYouTube等で強力なコンテンツとなり、更に上を目指す環境が整うと言う好循環となります。(おそらく125から130キロでも、もっと若い経験者ですら簡単ではない数字です)


資金の使い道・実施スケジュール

仮にご支援合計が当面の目標満額100万の際の内訳。


まず該当のホグレルマシン設置ジム3ヶ月分

入会費含め2.1万円


上記の通りアクセスが悪い為、タクシー代として週6回通うとして3ヶ月分65万円

(理想は自宅に専用マシンがあることですので、なるべく近い形で、ストレスフリーで行こうとするとそうなります。そこも重要な要素ですので。)




基礎的な身体作りのプロテインミルクがお腹に合わない僕にとって唯一最大の有益なサプリメント EAA9 

Amazon等検索で判りますが、有効な代わりお値段も張り、3ヶ月分で9万円

1日の通常の食事補助、なんやかやサラダチキン3から4本をタンパク質の軸として、10万円。


YouTube動画編集費(編集プラス、スピードガンの補足でのコマ送り速度測定の外注)3回分9万円。

残り2、3万は予備費とお考え下さい。



スケジュールに関しては、金銭的ご支援得られ次第、まず軸となるホグレルマシンジム入会12月中旬を目処に始動し、2022年3月末までに、理想としては第一段階たる125から140キロを達成したいと考えます。

現状105キロ前後で無謀かと思われますが、「分かりやすくムキムキにパワーアップと言うよりは、身体の奥から潜在的な出力を引き出す」のが上記ナチュラルトレーニングの特徴の一つと考えますので、「生活ごと全集中」出来る環境ならば可能と考えます。

遅くとも、22年梅雨前には第一段階クリアし、状況に応じ第二段階の為のクラファンをお願いするやもしれません。

まぁ、スケジュールもなにも、基本系は

「代替トレであれ、専用マシンであれ、体調見てひたすらナチュラルトレーニングを行い、真の意味での鍛錬、動作改善を続け、毎月月末を目処に球速を測る。」

と言うことには変わりありませんが。

球速ブログ、Twitter、などで逐次報告行います。


いわゆるリターンのご紹介

まず、今回の企画の肝は「皆様との壮大な夢の共有」とお考え下さい。

勿論抽象的なものだけでは済まず、球速125キロ超えを達成した時を目処とし、あるいは来春には、まずご協力様専用の鍵アカをTwitterに設置

またそこにのみ記す限定URLで、YouTube専用チャンネルで、週2回目処に私のメッセージ(勿論非公開のトレーニングノウハウも含む)をお伝え。

これがリターンとなります。


ここからは先の構想ですが

「第2段階」の進化を超えた(160から170キロ位)で、私の奇跡の日本プロ野球入り、あるいはMLB入りの可能性も出てきます。

その場合はホテル付き、私の登板日のチケットを球団の協力も得て、ご希望に応じお配りするつもりです。 

正直この心身、どこまでいけるかは不確定です。

が、「この俊也の鍵アカウントのフォロワーでいられる事自体がワクワクする事。」

と思っていただけるようには尽力したいです。

道は険しいですが笑


最後に

最近はネット、SNSで、貧困、弱者、引きこもり、格差などとネガティブなワードが増えていると感じます。

私も正に氷河期世代でしかもメンタルを病み、という身ですが、いまの日本社会

「とにかくそういう奴は何しても一生そのまま」

という流れになっていると考えます。

そんな人間の代表のような奴が、もし「日本人と言うより人類には無理。」

と言われる領域に野球の球速で達したら

あるいは今回目標の第一段階をこの年、この心身で達成するか近づくだけでも。

その嫌な流れに一撃を加え、日本を強くしなやかで豊かな国に変える、お手伝いとなれば。🇯🇵

そうした希望が、皆様ご自身一人一人を変えていく可能性も大いにあります。

さぁ、皆さんご一緒に日本を、世界を力つけましょう!



具体的なご協力方法

まずこのブログ自体を拡散して盛り上げていただくこと。

お後。私のポイント収入式のネット架空戦記歴史小説
(ジャンル内では最高1位)
に、メアド登録程度のお手間はかかりますが、に、お気に入り登録をしていただき、毎日読んで頂くのが1番ですが、隙間時間に1日に数ページ「めくる」だけでも結構です。

新訳 零戦戦記 閲覧無料です。



ここまでは無料のご協力ですが、ワンコインちょいなら金銭でも、とおっしゃって下さる方は


https://toshiya2100.thebase.in/items/39735635



電子書籍 架空戦記小説 「総統戦記 転生憑依!?」アドルフ・ヒトラーをお買い上げくだると祝着であります。

何卒日本人、人類の可能性追求の実践と研究の為、少しづつご協力お願いできれば幸いですm(_ _)m


(通算クラファンサイトではなかなか申請が通らず、こう言う形となりました…電子書籍お買い上げや小説お気に入り登録してくださった方は、スクショを何がしか保存お願いします。
鍵アカウント作成の時に見せていただきますので。)