それを、40㎏で行う。最大43レップ行きました

まあ、裏のアクセル筋が伸ばされスッと戻るリズムとタイミングは良くなっていますが。
反面、通常ウエイトの時のように呼吸が乱れてしまっていた。
まだ余分な力み、ロスが生じているということだろう。
まぁ、初動負荷マシン使わないフリーウエイトでは、どうしても軽い負荷でめ生じてしまうことです。
 「なるべく努力感なく動作全ての出力を上げる」という目的においては、もう少し心身のリラックス感を
高めていきたい。
「ガシガシ追い込み、筋肉や心肺が悲鳴を上げるまでトレーニング」で、今から生まれついてのエリートアスリートを抜けるはずもなく。
全く逆の方法論で、高みを目指す!