【野球・球速アップ】ド素人氷河期おっさんが球速200キロをめざす!!【44歳で最速162キロ】

ド素人うつ病氷河期おっさん球速200キロへの挑戦の記録 相互も募集してます yamato19453248@outlook.com まで

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本日は、ちょっと便秘薬のあれでまだ体調冴えず…
    無理ないペースで基本3種。
    昨夜なんとなく思いつき、以下YouTube参考に、コンマ下3桁まで秒数を測れるいつものアプリの機能で表題3投手の全盛期速度を測ってみた。
    ただ、もちろんコマ送りよりは正確だろうが、やはり古い物でフィルム速度等のズレはあるので、まあ茶飲み話程度に。

     
     

     

      【【球速アプリ使用】江川卓 山口高志 ノーラン・ライアン各投手全盛期の球速は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    この地方でも雪こそ降らねど、自分のコンディションに被せてこの寒波だとあらゆる気力が奪われかねない感じ。
    「心を燃やせ(物理)」でないと動けない。
    朝から水分補給時は白湯等飲んで 身体を温める。 【【寒波襲来】抑えつつも鍛え込む。【あくまで球速200キロを】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    心身の療養中、という現状で、くりかえしての通り大体30分弱程度が全集中で出来るトレーニングのトータルの限界時間。
    …なのだが、今日、珍しく友達と駅前で会うことになり、寒波と体調面もあり、タクシーを呼ぶことにした。
    が、「こちら30分お待たせしております。 」
    は!?うせやろ!?

    …。なんとか時間的余裕はある。 歩くか。 【【瞬発力特化の筈が】何故か自分としてはロングなウォーキング?!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本日は例のローイング系中心に組み立てる。
    もう流石に球速測定のダメージは抜けて、スパッスパッというイメージでウエイトを動かせる。
    大体1セット30レップスを断続的に繰り返し、ハーフレンジ。フルレンジで
    変化をつけているという感じです。  【球速爆上げ さらに強力な背筋を!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    実は、以前から導入するか迷っていたが、トレーニング小屋への床の負担や騒音は大した事ないと判断したので、本日45kg20レップスから入り、本格的に始めることとしました。
      【【疑いなき球速160キロ狙い】ジャンピングスクワット!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    正直今日はこの時間まで半分死んでました笑
    昨日、と言うよりあの一球だけが投球フォーム、メカニクス的に「全集中で使い切れた」と言う感じである。
    後は大概上方に抜けて、結果浮いたり妙に曲がったり、だったので。

    縦回転と横回転のミックス…てかやはり、「斜め45度くらいに袈裟斬り」見たいなイメージがちょうどいいのかな。  【【球速進化まだ半ば】フォーム、トレーニング、体質改善、そしてスピードガン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    すみません、スピードガンがまだ復旧せず、アプリ版もよく分からないので、今回も平均値より初速算出。辛めの計算となっております。🙇‍♂️

    想定リリースポイントから23.2m換算です

      【【男44歳球速測定】叩きつけながら、初速133キロをマーク!(平均より換算)【スポーツ経験ゼロ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    【【球速アップトレ】明日に備えつつ過去とセルフ投球フォーム比較】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日明日はバーベル系は控えるが、 とにかく筋肉と神経を賦活化させることに努めます。
    あとは少し炭水化物多めにしてエネルギーを溜め込むくらいですか。
    基本それら以外はいつも通りです。  【【まだ万全ではないが】基本通りに今日もトレーニング。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    …正直、この数年間は無数の指導者からあれやこれや言われ、何度もキレそうな感情をどうにかコントロールしている状況だとお察しする。
    そこへ僕のような素人が首を突っ込めるはずもないのは100も承知だが、あえて申し上げるとすると…。  【【応援シリーズ】復活せよ!藤浪晋太郎!【虎の最終兵器】】の続きを読む

    このページのトップヘ